日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

ただ旅ライフ!脱サラリーマン時代!失業保険を一括でもらう方法

f:id:tadatabilife:20200623065802p:plain

失業保険を一括でもらう!

脱サラリーマン生活を目指そうと思った時に最初に迷ったことは、果たしてこの先すぐに仕事が軌道にのるのだろうか?毎月の支払いを大丈夫だろうか!という事でした。

自己都合で退職した場合は失業保険をもらえるまで4か月~5カ月くらいの待機期間が発生するため毎月の生活費15万円x5か月分=75万円は最低必要になるからですね。

でも毎月の支払いで貯金も無い!そんな方でも脱サラを目指す方法があったのです。ある方のブログを見て「失業保険を通常より2倍!更に一括でもらえる方法」というタイトルでこの記事を見たときは目から鱗でした。

 

そこで筆者が体験した経験から実際に支給にいたるまでの経緯を今日はお話ししたいとおもいます。是非脱サラを目指している方の参考になったら幸いです

 

まずはポイントがおおきく2つあります。1つは通常より多くもらえる方法。そしてさらに毎月ハローワークに通わなくても一括でもらえる方法です。もらえるという表記はあまり良くないのかもしれませんが実際はある条件がそろうと支給される額が手厚くなるということなのです。これには正しい手順と申請が必要になりますので必ず最後までよく読んでみてください。わからないことはハローワークに直接電話で聞けば親切に教えてくれます。だから安心してください

 

ポイント1 失業保険の支給日数には2種類あります

 

失業保険の支給には大きく分けて2種類のパターンがあります。1つは自己都合で退職した場合、もう一つは自己都合以外で退職した場合です。簡単に言うと自分の都合で会社を辞めた人より、会社側の都合で退職する人の方が失業保険の給付期間は長く支給されます。長く支給される=支給額が増えると言う事なのです。

 

では実際にどのくらいの差があるのか勤続期間が1年以上5年未満の方が自己都合で退職した場合の給付日数は90日です。しかも最初に支給されるのは退職してから約5か月後です。これではとても暮らしていけません。しかしある条件に該当すると支給日数が倍の180日になり更に申請が受理されてから約2週間程度で支給されるのです。金額で換算すると日額5000円給付される方の場合自己都合だと総額45万円のところある条件がそろうとなんとその倍の90万円が支給されます。

 

ポイント2 失業保険を一括で受け取る為には・・・

 

では失業保険は実際にどのように受け取れるのでしょうか?通常は申請した日から7日間の待機期間があり、その後も失業状態だと確認された場合に28日ごとにハローワークに行って面談とその期間の就職活動の報告をしなくてはなりません。またその期間のアルバイトなどをすると支給が制限されます。90日分全額の支給を受け取るには90日間積極的に就職活動を行わないと失業保険は給付されません。180日間の場合は約半年間はその状態が続くのです。

しかしある条件が整い申請を行うことで本来自己都合とされていた場合でも脱サラをして以後ハローワークに毎月通わなくても一括で受け取ることが出来るのです。筆者の場合もその方法で80万円を一括で支給していただけました。繰り返しになりますが正しい手順で手続きをしないとやり直しができない場合があります。次回はその方法をまた解説していきたいとおもいます。

 

 続きはこちら